船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

お風呂の床が冷たい時に取るべき4つの対策方法知ってます?

冷たいお風呂の床

お風呂の床が冷たい時の対策方法

<目次>

【check!】千葉県内や船橋エリアで評価の高いリフォーム店ご存じですか?
千葉県内や船橋エリアに住んでいる方達から何故このリフォーム店が支持されているのか?工事をされた方の評判をまとめて掲載しています。

お風呂の床が冷たくて困っていませんか?

暖かいお風呂というのは、1日の締めくくりにホットするひと時です。

しかし、お風呂の床が冷たい場合は、浴槽に入るまでが苦痛となってしまいますよね。冷たい床のお風呂は、お風呂に足を踏み入れた瞬間ガッカリしてしまう物です。

また、最近ではヒートショックの危険性も叫ばれるようになり、 暖かいお風呂の床を希望される方は年々増えて来ています。

今回はそういった、お風呂の床が冷たい場合の対策方法を、まとめてみました。

お風呂の床が冷たい時の4つの対策方法

寒いお風呂

浴室暖房を取り付ける

浴室暖房は、浴室を適温にしてくれますので、とても有効的です。

天井に取り付ける物が多く、入浴15分前にスイッチを入れると浴室に入る事には快適な温度となっております。

ユニットバスに取り替える

在来工法の浴室の場合は、ユニットバスに取り替える事で床の冷たさを解消させる事が出来ます。

ユニットバスの素材はFRPですので、熱伝導率が低いのが大きなポイントとなります。

冷たくなりにくい床とする事が出来ますので、冬場であっても冷たくない床とする事が出来ます。

ユニットバスでも床が冷たい場合

ユニットバスでも床が冷たい場合は、床下にグラスウール等の断熱材を更に充填する事で、床の冷たさを軽減させる事が出来ます。

ユニットバスの床下はグラスウールが充填されているのが鉄則ですが、稀にグラスウールの充填方法が良くなくグラスウールのパワーを発揮できていない場合があります。

保温力の高いユニットバスの採用

現在のユニットバスの中には、ユニットバス自体をまるごと断熱材でしっかり保温しているユニットバスがあり、冬場でもあっても床が全く冷たくないユニットバスがあります。

頬力の高いユニットバスは、床だけではなくユニットバス全体の温度を下げにくくさせる事が出来ますので、浴槽の湯温の低下を抑える事も出来ます。

床が冷たいお風呂の相談は良いリフォーム店に相談を

このように、ユニットバスの床が冷たい場合は、様々な対処方法がございます。ご自宅の浴室にはどの方法が最適なのか、色々考えて対処してみると良いでしょう。

けれども、こういった事のプランニングはおひとりで考えるだけではなく、リフォーム会社等プロの意見も聞きながら進めて行きましょう。

また、こういう相談は無駄に高い大手や、値段が安すぎて品質の悪い業者ではなく、信頼できるリフォーム会社に相談をされるのがおすすめですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)