船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

フローリングは針葉樹か広葉樹かで性能が大きく変わります

フローリング
フローリングの種類を選ぶ時に知っておきたいポイントに「針葉樹」と「広葉樹」があります。
針葉樹と広葉樹は木の形状が異なるだけでなく、木の性質も変わってきます。
フローリングを選ぶ時は、見た目の色や模様、値段を気にしますが原材料についても少し知って多くと納得のフローリング選びが実現できます。
まず広葉樹の有名なフローリング材としては「オーク(ナラ)」や「ブナ(ビーチ)」「メイプル」「チーク」「ウォールナット」があります。

【広葉樹の特徴】
広葉樹の特徴としては、重く硬く強度があり、キズが付きにくく収縮が比較的少ない事が挙げられます。
オークは、木目が美しく硬いことからフローリング以外にも家具や洋酒の樽などに利用されています。
ブナは、硬く粘りのある木材で構造材や家具としても使われています。
メイプルは、キズや衝撃に強く、耐摩耗性にも優れています。家具や楽器にも使われています。
チークは、なめらかな木肌が特徴で高級材の一つです。
ウォールナットは、くるみの木で北米産の広葉樹の中では最高級の樹種と言われています。衝撃に強く、耐久性も高く、落ち着きのある色合いが特徴的です。
ウォールナットに対するあこがれをお持ちの方も多く、無垢材のウォールナットを利用するか複合タイプのウォールナットを利用するかみなさん悩まれています。

【針葉樹の特徴】
針葉樹は、広葉樹と違って軽くて柔らかく、肌触りの良さが特徴です。
杉やヒノキ、アカマツ、カラマツ、パインが代表的な針葉樹のフローリング材です。
杉は柔らかくて加工性も高く、古くから日本の床材として利用されてきました。
ヒノキは、日本を代表する高級材で、特有の香りや光沢があり、水にも強く耐久性もあることから床材の他浴槽などにも利用されています。
アカマツは、弾力性・耐久性に優れていることから構造材としてもよく利用されます。
カラマツは、針葉樹の中では硬く強い木なので柱や土台としても利用されます。
パインは、節が多く特有の風合いがあり、床の他に壁などにも装飾として使われています。

船橋リフォーム

コメント

  1. 上田 より:

    木の材質でこんなにもかわるものですか!家のフローリングの材質が気になってきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)