船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

床暖房の価格について

床暖房の例 リフォームで床暖房にしたいけれども、価格が高いんじゃない?って思っている方も多い事でしょう。最近では以前よりも安価に導入する事が可能になっています。

導入費用全体でみると、機器の費用と工事費用が必要となります。床暖房の種類別にみると、

温水式床暖房 →この場合熱源機の設置に費用がかかるので、床暖房を6畳部で設置費用は安くて40万円ぐらいになるとされ、12畳程の広さになると、70万円ほどだと思います。
ガス温水式床暖房 こちらの場合は、温水配管と温水マット施設の工事費が必要となります。この場合では、6畳の部屋で約70万円、12畳で90万円ほどが安い業者さんでもかかる事でしょう。
電気式床暖房 →この暖房方式では、初期費用が100万円以上かかります。大がかりな設置工事も必要です。

以上の項目が初期費用となるのですが、床暖房では使っている種類によりランニングコストも大きく変わってきます。ランニングコストは、暖房によって違います。 灯油式では灯油代、ガス床暖房ではガス代、電気式床暖房の場合では、電気を使うことになるので、ランニングコストがかかるようになります。電気代については、6畳で約6500円、12畳で13000円ぐらいが目安です。電気式では深夜割引を利用するともっと安くなります。

しかし電気式では、契約電気容量を上げる必要になってしまい、基本料金が上がってしまうのです。そこで、ランニングコストを考慮しながら床暖房を選ぶことになるでしょう。なお、電気式では、このようになりましたが、温水式床暖房の場合では、6畳で4000円ぐらい、12畳8000円ぐらいとなります。また、ガス温水式床暖房については、電気式よりも安くなることがあるとされています。以上のことから、初期費用とランニングコストで床暖房方式を決めるということもよいでしょう。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:
床暖房のメリットデメリット
和室を洋室にリフォーム

船橋リフォーム

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)