船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

3種類の室内用扉の特徴とメリットデメリットをご紹介します

扉
建物の中のお部屋を仕切る扉としては、3種類が主流になっています。
それは、開き戸、引き戸、引き込み戸です。

【開き戸の特徴】
開き戸は、マンションやアパート、戸建てに多く採用されています。
流通量が多く、ドアの種類も豊富でコストパフォーマンスも優れていますね。
しかし、開き戸にはデメリットもあります。

それはドアの動線部分がデッドスペースになってしまうことです。
ドアの開閉には、ドアが前後に開いて通行できるようになっています。
そのため物を置くとドアの開け閉めに支障となり、そのスペースを常時開放しておく必要があります。
この空きスペースは、ドアの数だけ必要になります。
家の中って意外とドアの数は多く、デッドスペースを積算すると物置き一つ分ぐらいの面積になったりしますね。
開き戸は、施工が簡単、掃除が簡単などのメリットもあるので、ドアの使用用途によって検討するといいですね。

【引き戸の特徴】
引き戸は、和室のイメージがありますが、最近では洋風の引き戸もたくさん販売されています。
大きさや色、材質など豊富でお部屋の雰囲気にあわせて選ぶことができます。
引き戸は、開き戸に比べてデッドスペースが少ない点が大きなメリットです。
またドアの上下の空きスペースは、開き戸に比べて小さく部屋の気密性を高めることができます。
その結果、冷暖房の効率も上がって光熱費を削減することが期待できます。
レールにほこりが溜まってくるので定期的な掃除が必要になります。

【引き込み戸の特徴】
引き込み戸は、引き戸より斬新な引き戸になります。
戸をあけている時は、壁の中に戸が隠れるのでデザイン性に優れています。
引き戸は、戸が開いている時も裏面から見ると戸が見えます。
しかし、引き込み戸は裏面から見ても戸は見えなく、壁になるのでお部屋の使用用途の幅も格段に上がってきますね。
積水ハウスは、引き込み戸を推奨しているようです。
ただし、レールの汚れは目立ちませんが掃除を行うのに一苦労あります。
引き戸も引き込み戸も材料自体の値段はそれほど変わりません。
工賃が変わってくる程度ですね。

それぞれの特色を理解したうえで扉の交換やリフォームを考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. ぽんた より:

    それぞれの扉にメリットデメリットがあるんですね。

  2. 川俣 より:

    なにげに扉って手を挟んだりするから危ないですよね。
    どの扉も挟む可能性はありか、、、

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)