船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

なぜ「安い壁紙リフォームは危険」なの?失敗しない為の秘訣!

安い壁紙リフォーム

安い壁紙リフォームは何故「キケン」なの?

安いと壁紙の浮きが出たり、セロテープを貼り付けただけで一緒に剥がれてきてしまったと長持ちしません。

<~解説目次~>

【check!】千葉県内や船橋エリアで評価の高いリフォーム店ご存じですか?
千葉県内や船橋エリアに住んでいる方達から何故このリフォーム店が支持されているのか?工事をされた方の評判をまとめて掲載しています。

壁紙のリフォームは安さで選ぶのは危険です!

壁紙のリフォームと言っても、値段はピンキリで「安物買いの銭失い」になりかねないの値段で選ぶのは危険です。

ネット等で安く売られている壁紙には、壁紙に必要な機能を発揮してくれない物が多くございますので、オススメしません。

また、ご自分で壁紙の張替えに使うのでしたら自己責任ですが、壁紙屋さんにネットで購入した安価な材料を使って張ってほしいなんて事になると、後々不具合が発生した時に大揉めになってしまいます。

このような材料を使う事は、絶対にオススメ出来ません。(まともなリフォーム店は工事してくれない事がほとんどですが

マンションと戸建て住宅でも壁紙の品質は変わってくる!

また、一般的に壁紙屋さんが持ってくるサンプルの中の壁紙に関しても、安すぎる物だと素材と作りの問題により失敗してしまう事がございます。

壁紙屋さんが扱っている壁紙の材料は、大きく分けて500番クラスと1000番クラスの壁紙に分かれます。

500番クラスがマンション用、1000番クラスが住宅等、などと大きくわかれております。(もちろんその中でも細かくグレードは分かれています)

単価は、500番クラスの方がお安く、1000番クラスの2/3程度の単価になります。

500番クラスの方が安価ですが、マンションやアパートなどの出入りが激しい場所に使われる事が多い材料ですので、逆に素材として強い部分がございます。

素材としては、500番クラスの方が品質は当然落ちます。

素材によっては薄っぺらく扱いにくく、ちょっとの下地の悪さも拾ってしまう事がございます。

1000番クラスでも、このような材料を使ってしまい、結果下地を拾ってしまうようでは失敗と言えます。

壁紙リフォームの品質は値段と比例します

安い壁紙リフォームが失敗する理由

壁紙屋さんが持ってくるサンプルの中では、厚めでしっかりした材料であれば、500番クラスでも1000番クラスでも失敗する事がございません。

壁紙リフォームの際には「安すぎない事」と、素材がしっかりしていて硬くないのかが大事です。

しっかりとした施工を受けたいという事であれば、平米あたり1000円以下の粗悪なリフォームを選ぶのではなく、1500円以上の「ちゃんと長持ちする」リフォームを行ってくれる業者を選びましょう。

船橋リフォーム

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)