船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

最近人気の壁紙「ケナフ素材」の利便性について

壁 そこで最近注目されている素材に「ケナフ」というものが有ります。
このケナフ壁紙は、調湿性や消臭性、コストと施工のしやすさから普及してきています。植物から採れる繊維の事で、洋麻、アンバリ麻、ボンベイ麻とも言われるそうです。

大手壁紙メーカー「東リ」からは、竹炭ケナフウォール、防汚ケナフウォール等と言った名称でいくつか販売されています。
一般的な壁紙に比べると若干コストは高くつきますが、その分性能もしっかりしています。
繊維系の壁紙は、一度汚れが付くとしみこんだり、落ちにくかったりしますが、防汚タイプのケナフ壁紙はサッと拭くだけで汚れを落とすことができますので、お子さんがいる家庭などには重宝されています。

その特性から、洗面所やトイレ、子供部屋などの壁紙としてもケナフ壁紙が利用されるケースが多いです。
さらにクレヨンなどで子供が落書きしても、拭き掃除で落書きを落とせるので、安心して子供を遊ばせることができます。最近はテレビCM等でも良く流れているみたいなので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

実は、ケナフ壁紙は世界で初めて1998年に東リが開発した壁紙になります。
現在では、竹炭ケナフウォールは「NPO法人 非木材グリーン協会」の認定を受けています。
新しい形の自然派壁紙として、現在注目を集めています。尚、壁紙を選ぶときに壁紙販売会社の「サンゲツ」もよく参考にされると思います。サンゲツは、東リと違って壁紙商材の販売専門店になります。商社という位置づけになります。それに対して、東リは壁紙を製造・販売しているメーカーになります。

こういったご自身の生活スタイルに合った壁紙を選ぶ際には、一度リフォーム会社に相談されると色々提案をくれるので、まずはご相談をおススメ致します。

船橋リフォームブログ関連記事:
バリアフリー工事の際にはスロープの設置がおススメです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)