船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

アコーディオンカーテンの実用性と魅力

アコーディオン
アコーディオンカーテンというと、病院や事務所などによく設置されていて、家庭用に導入されているケースは少なくあります。
広い空間を自由に間仕切ることのできるアコーディオンカーテンは、昔から事業所で利用されてきました。
しかし最近では、住宅環境も多様化して、用途によって部屋をアレンジするケースも珍しくありません。
普段は大広間として使用していて、来客時や親せきが泊まりに来た時などにアコーディオンカーテンを活用して、部屋をアレンジさせています。
昔は家に一部屋は客間があったものですが、使用頻度を考慮すると、わざわざ客間を設けるのはもったいない、という風潮もみられます。
リフォームの際に客間を失くして、リビングを広くとる設計も増えてきています。
最近ではこうしたケースで使うアコーディオンカーテンを「アコーディオンドア」と呼んでいます。

【アコーディオンドアとは】
実際に従来のカーテン方式で仕切るケースもあれば、折戸仕様のドアや引き込み戸として仕切り戸を収入しているケースもあります。
カーテンに比べると、仕切った時の景観がドアの方がよく、お部屋の空調の性能も高まるので冬場でも暖房がよく利き、快適に過ごすことができます。
こうしたお部屋のアレンジ性は、住宅や事業所以外にも店舗関係でも活用事例が広がっています。
美容室の事例では、ネイルサロンのお客さんのプライバシーを守りたいということから、お店の中でもネイルサロンだけアコーディオンドアで仕切るケースも見受けられます。
他には小規模の薬局などでも、相談に来た人のプライバシーを守るために使用されたりと様々なシチュエーションで利用されています。

【アコーディオンカーテンの劣化】
中にはすでにアコーディオンカーテンを利用されている方も、いらっしゃるかもしれません。
長年使用していると動きが硬くなったり、カーテン自体が汚れたり変色して、交換を希望されている方もいらっしゃると思います。
ネット通販などでも販売されていますが、普通のカーテンとは取り付け手順が異なりますので業者さんに任せた方が安心ですよ。

船橋リフォーム

コメント

  1. より:

    アコーディオンカーテンって最近みないですよね。ちょっと前までは良く見たのに

  2. 木村 より:

    一般家庭ではアコーディオンカーテンってみないですよね。バックルームってイメージ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)