船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

リフォーム時の手付金や前受金は何故必要かご存じですか?

リフォームの手付金

リフォームの手付金や前受け金って知ってます?

【check!】千葉県内や船橋エリアで評価の高いリフォーム店ご存じですか?
千葉県内や船橋エリアに住んでいる方達から何故このリフォーム店が支持されているのか?工事をされた方の評判をまとめて掲載しています。

リフォームの手付金や前受金ってなんで必要なの?

リフォームを実施する上で一応知っておきたいことに「手付金」「前受け金」があります。

これは高額なリフォーム工事の場合に行われる行為で、リフォームをはじめ不動産の売買などでもよく行われています。

リフォーム工事の契約を締結する際に、その工事を責任持って依頼する、という意思の表れを金銭をもって示します。この手付金を受け取ることによって、依頼された業者さんも安心して工事に取り掛かることができます。

細かく手付金ってどういう物があるの?

不動産売買やハウスメーカーでの建設でも同じような意味があります。手付金には「証約手付」や「違約手付」「解約手付」があります。

基本的には同じ手付金としての意味ですが、大きい契約等の時はこのように種類が分かれてくるようです。「証約手付」は、手付金を授受することで契約が成立したという証拠になります。

「違約手付」は、当事者に不履行があった時は、違約罰として、損害賠償とは別に当然に没収できるという、すこしややこしい手付内容になります。

「解約手付」は、契約の相手方(自分)が契約の履行に着手するまでの間(工事を開始するまで)、解除権を留保し、手付放棄、手付倍返しで解除することができることを予定して交付されます。

つまり、手付金を支払った後でも他の業者さんの方が安いとか、いい業者が見つかったという理由でいったん契約を解除することです。

それに伴って、解除金が必要になる場合もありますし、手付金を返してもらって何でもないこともあります。

リフォームの場合の「前受金」と「手付金」について

リフォームの前受け金

不動産売買で支払う手付金は、売買代金の1割から2割が一般的(リフォームの場合は請負金の半額)ですが、地域によっても違ってきますのでリフォームのプランニングを勧める上で事前に確認しておく方が安心です。

例えば、100万円のリフォームでは、50万円前後が「手付金」や「前受金」として必要になりますね。

また、例外としてリフォームローンで支払いを行う時等は前受け金が不要になる場合もあります。(基本的には必要です)

こういったご相談は事前に業者さんとしっかり打ち合わせしてくださいね。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

悪質な訪問販売対策にはドアホンが有効です

船橋リフォーム

コメント

  1. しょうたろう より:

    うちはリフォームするときには手付金なかったですね。信用してもらえばいらないのかな?

  2. だまや より:

    手付金払うのって少し怖いですよね。詐欺とかの手口になってそうで。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)