船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【未来】ホームオートメーションの魅力と欠点とは

スマート
【住宅のIT化とは】
最近注目を集めている住宅設備にITがあります。
「ホームオートメーション(HA)」や「スマートホーム」「インテリジェントハウス」といった言葉は、住宅におけるオートメーション化を示す言葉になります。
戸建て住宅ではハウスメーカーが積極的にこうしたITは取り込んでいますが、既存住宅やマンションではなかなか採用しにくい様なイメージは有ります。

【ホームオートメーションの魅力】
しかし、ホームオートメーションされた住宅は快適で、たくさんあるリモコンを一つにまとめることもできます。
特にホームシアターや音楽が好きな方は、照明の明り、音響、映像を一つのスマホ・タブレットで操作できるようになります。想像してみると、とっても過ごしやすそうですね。
また電動ブラインドとも連携させると、ベッドの中に居ながらブラインドの開け閉めを操作できます。
このようにホームオートメーションのシステムは、不便さを一気に解決してしまう究極のソフトウェアです。

【ホームオートメーションの欠点】
但し、便利な物ほどやはり高額で、内容にもよりますが初期設定に50万円以上かかってきます。
また通信はWi-fiを利用するので、電波の状況や機器動作の関係で動作が不良、遅くなることもあります。
リフォームでも、壁などを剥がして大々的に行う場合は配線も比較的しやすいので納まりもきれいにいきます。
ちょっと大人的な空間にホームオートメーションってオシャレかもしれないですね。
まだ始まったばかりの技術なので、今後ホームオートメーション産業が拡大していくことに期待したいですね。

【マンションのwi-fi問題】
マンションによってはWi-fiが飛びにくい部屋もあります。
Wi-fi系の電波は直線で飛ぶので、壁があるとブロックされやすいです。電波が飛びにくい時は、宅内に光回線を引き込み、ルーターでWi-fiを飛ばすことが有効な手段です。
今現在、電気や水道と同じぐらい通信環境も生活する上では重要になってきています。
思いついた時に整備するより、リフォームや新築の時にキチンと対応しておくとスッキリした通信網を構築できそうですね。

コメント

  1. かずや より:

    なんか未来って感じですね。スマホやタブレットで全部操作できるのは便利そうだね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)