船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【大問題】マンションが傾いてしまったケース

マンションマンション
【マンションも傾く?】
中古住宅や中古マンションを購入する時、親から家を譲り受ける時、大手建築会社やハウスメーカーなら何の疑いもなく、そのブランド力だけで建物の品質を確証される方も多いと思います。
そんな常識を覆す事実が現在横浜で問題になっています。
三井不動産が2003年に完成させた「パークスクエア三ツ沢公園」が傾いているという問題が発生しています。このマンションは、住居棟5棟、共用棟1棟からなる総世帯数262世帯の大型マンションになります。
そもそもの発見は2013年3月に大規模修繕を検討するにあたり、外部の建築士が建物を見て回ったことにはじまります。住居棟は渡り廊下でつながられており、その渡り廊下の手すりがずれており、せっかくなので直してはどうか、簡単にリフォームできるだろ、というところから話は始まったようです。
担当した建築士は、まさかマンションが傾いているとは思いもよらなかった、と驚いています。
傾きの原因は、くい基礎が支持地盤(強固な地盤)に達していないことが問題でB南棟で8本、B東棟で1本、A南棟で1本が支持基盤に達していないことが判明しています。
建築を担当した住友不動産は、安全な建物とは言い切れない、と判断し居住者へ仮住宅への転居を要請しています。現在の建物をどうするかは明確になっていませんが、補強もしくは建て替えが検討されています。

【傾いてしまった原因】
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、建築基準法ではマンションなどの大規模建造物は杭を「支持層」まで打ち込んで固定することが定められています。杭が支持層に達していなかったり、短かったりすると地震に対する安全性が低下して危険な場合もあると言われています。
今回の件は、住友不動産から熊谷組が施工を請け負っており、熊谷組は「コメントできない」と慎重な姿勢を見せています。
この事から分かることはいくら大手といっても、100%品質が保証できるものではないという事です。
経済的負担は少ないにしても、仮住まいに引っ越して、また元の場所に戻るというのも面倒なものである。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

【注意】やってはいけない外壁工事とは?

【船橋市】擁壁改修工事を行う場合補助金が出る可能性があります

コメント

  1. 浮田 より:

    マンションだからって安心できないんですね。なんか中国の話みたい。

  2. 大島 より:

    うちのマンション傾いてるって噂あります。不安です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)