船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

リフォーム費用の坪単価平均相場の目安

床
中古住宅を購入してのリフォームやマンションを全面リフォームする場合には、いくつかポイントがあります。
まず一番皆さんが気になることにリフォーム費用があります。
リフォームはある程度、見積もりして施工していきますが、どうしても追加で費用がかかってくる場合があります。
実際には、リフォームに限らず新築でも追加の費用発生というのはよくありますし、後で想定外の物が必要になって出費がかさむことも珍しくありません。
そうした予算を検討していく上で重要なポイントになるものに「延べ床面積」があります。
中古物件の場合は、物件概要に延べ床面積は記載されています。
建物の面積を表す指標で、2階建の建物の場合は1階と2階の床面積を足したものになります。
全面的なリフォームにかかる費用を延べ床面積で割ると、1㎡あたりの単価が算出できます。
そしてその単価に3.3を掛けると、1坪あたりのリフォーム費用が概算できます。

【リフォーム費用の坪単価平均相場目安】
平均的な相場は1坪あたり40万円とか50万円程度と言われているようです。
これを知ることによって、適切な費用のリフォームかどうかをアバウトですが判断することができます。
例えば坪単価90万円のリフォームとなった場合は、それは大変豪華なリフォームになります。
ハウスメーカーで新築を建てる場合は、坪単価60万円~80万円程度が一般的です。
それをも上回る金額というのは、リフォーム内容を今一度確認する必要があるかもしれません。
逆にリフォームの合計金額が1200万円かかったとしても、坪単価30万円程度であればリーズナブルなリフォームとなります。
主婦の方などでこうした大きい金額に慣れていない方は、スーパーのお肉コーナーを思い出してください。
お肉を買う時は、恐らく100gいくら、というグラム単位で安い、高いを判断していると思います。
リフォームも同じです。
単位がgから坪に変わるだけですね。

【増築をする場合の注意点】
増築などで延べ床面積を増やしたり、減らしたりする場合は少し注意が必要です。
建築基準法では「容積比率」というものがあり、敷地に対して延べ床面積の上限が設けられていますのでご注意ください。

コメント

  1. 無印 より:

    増築する予定なんですけど、念のため業者さんに確認とってみます。
    たぶん大丈夫だと思いますけど

  2. かわしま より:

    この相場って参考になるんですかね?
    家によって造りが全然違うからあてにならない気がします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)