船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【天然木】無垢材を使ったリフォームの魅力と難しさ

材木
【無垢材(天然木)を使われている家の秘密】
新築・リフォーム業界において、自然派志向の方が好んで無垢材(天然木)の採用を検討します。
あまりホルムアルデヒドなどの環境性能を気にしない人からすると、ご苦労だな、と他人事でしょうが実は自然派住宅には隠された事実がある事はご存知でしょうか。
それは腕のたつ大工さん、職人が家を建てているという事です。

【無垢材を使うことの難しさ】
無垢材は集成材と違って、湿気を吸い、そして放出し材料自体が変形します。
含水率を十分に低くして、しっかり乾燥させた木材でもやはり若干変形し、現場の施工が難しいのが無垢材です。
そのため木に精通した職人さんが工事を行わないと、寸法バラバラの家になってしまいます。そのため熟練した大工さん、職人によって家が作られていきます。
こうした会社の特徴として、家に対する強いこだわりがある、ことがいえます。木造住宅のハイテク化に流されることなく、従来の建築技法を重視していますのでこだわりが強い以外の何物でもありません。プライドをもって仕事に向きあいますので、真剣そのもの、任せていても安心できます。
またその他の自然派住宅の隠された秘密としては、家が生きている感じがします。木が乾燥すると家がうごめきます「バキッ」「みしっ」、慣れない内はびっくりしますが、木の命を感じることがでて無垢材の家に住んでいることを実感できると思います。

【無垢材リフォームのポイント】
リフォームにおいて無垢材というと、フローリングが代表的な存在になります。柱や梁に比べると寸法の狂いが少ないですが、厚みのある無垢材を使用する時は“反り”を多少覚悟する必要があるかもしれません。
無垢材の床は、加工品と違って木目が全部違う特徴がありますが、最近は加工品の床でも無垢材に近い形で木目がバラバラな仕様が登場しています。
リフォームの柱や梁でも無垢材が使えない事はないと思いますが、既存住宅との相性からあまりお勧めできないようですね。天井の梁など部分的に見えるところに無垢材を起用することでお洒落な家造が可能となりますので、リフォームの際には検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. 河村 より:

    無垢材がいいですけど、高いなら妥協してしまいそうだな。

  2. 荻原 より:

    無垢の方が簡単かと思っていましたが、よく考えれば難しそうですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)