船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

欄間のリフォームで贅沢空間を作ってみませんか?

欄間
リフォームや家づくりを検討している人の中で“欄間”を考えている人は少ないでしょう。
“欄間”事態知らない人も多いと思います。
欄間の中でも「筬欄間(おさらんま)」は、シンプルな形状の中に品格を備えて昔から住宅のみならず、神社仏閣で利用されてきました。
欄間事態は、天井と鴨居(襖の部分)の間に作られた開口部で、採光や通風、換気の役割を持っています。
欄間の発祥は明確には分かっていませんが、中国で生まれた説が有力です。
そして平安時代、鎌倉時代などそれぞれの時代ごとに欄間は作られていったようです。
彫刻を施した物や格子状の筬欄間など、種類も豊富になっていきました。
現在では、欄間を見かける機会はめっきり減り、たいていの方が神社仏閣で見るか、田舎のお爺さんおばあさんの家に行ったときに見かけるぐらいになったと思います。
欄間の価値を分かる人が減ってきたのも、欄間の減少にあるようです。
和室の価値観低下に伴い、それに付随する欄間や襖、灯炉なども衰退傾向にあります。
しかし、最近の“和食”の世界無形文化遺産登録の話題に伴い、和室も少しずつ見直され始めています。
和室を家に設けるというのは、それだけコストがかかりますし、贅沢な空間でもあります。
また最近は、昔ながらのシンプルな和室でなく、襖や壁もオシャレなデザインを起用するようになってきています。
壁も土壁ではなくて、和紙や布壁紙を応用したり、襖や障子も地味な物ではなく、スタイリッシュなものが採用されています。
このような流れの中で“欄間”もアクセントになるパーツとして捉えられています。
お部屋に掛け軸や壺などの飾り物を置かなくても、欄間がお部屋のアクセントになるようです。
欄間のお値段は大きさや材質にもよって異なりますが、40万円から80万円程度が一般的です。

中には欄間が家についていて、補修や修理を検討しえいる方もいらっしゃると思います。
一度、お近くのリフォーム店さんに相談してみると、解決できるかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)