船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

押入れをクローゼットにリフォーム!

日本の家に押入れはごく当たり前のスペースとして設置されています。昔ながらの押し入れが今でも残っている家は多いのではないでしょうか?もちろん和室ではほとんどの場合、押入れがあります。押入れの基本的な使い方は、やはり敷布団や掛け布団といった寝具を収納するためのものとなります。しかしベッドが主流となっている現在、押入れを全く別の用途で利用している方も珍しくありません。さらに洋服をたくさん持っている方も多く、いわゆるクローゼットとして利用されるケースもあります。

しかし作りは押入れですので、クローゼットとして利用するのはちょっと不便な感じがします。そこでおすすめしたいのが押入れをクローゼットにリフォームすることです。そもそもある程度のスペースが確保されている押入れというのは、クローゼットにリフォームをするのに最適な場所なのです。 さて、押入れというのは鴨居までの高さが間口であり、その高さは180cm程度となります。このことからクローゼットのユニットとして考えますと、設置をする扉は天井高よりも少々低めのタイプが多くなっています。つまりご存知のことかと思いますが、和室にクローゼットを設置することになりますと、壁面を剥がさないといけないこともあります。そのような場合には、180cmを超える扉も販売されていますので、それを選ぶことをおすすめあします。またリフォームで注意したいこととしまして、クローゼットとして活用する場合でも奥行き半分は空けておかなければ、鴨居高から上の部分のスペースが無駄になってしまいます。

クローゼットにはハンガー掛けを設置することになりますが、棚を支えている押入れの壁裏の下地をしっかりと施工しなければ、強度に問題が生じてしまいます。これは個人でリフォームする際に気をつけなければいけないことですが、リフォームを専門に提供している業者でしたら、基本的なことですので、特に指示する必要もありません。

船橋リフォーム情報関連記事:
船橋市マンションリフォーム会社ランキング
ケアフルリフォームの口コミ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)