船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【水回り】トイレの便座の形が二種類ある理由とは

便座
【トイレの形の違い】
「便器にはどうしてU型とO型があるかご存知ですか?」
家庭用トイレではO型の便座が一般的なのに対して、デパートや公衆トイレではU型が多く使用されています。
現在の洋式トイレが誕生したのはおよそ100年前で、それまでは「おまる」の上に、便座をくり抜いた椅子をかぶせる構造でしたが、1893年になると便器に取り付ける便座が考案されて、これが現在の洋式トイレの原型となりました。
総務省による洋式トイレの割合を調べてみると、1950年以前は72%、1961年から1970年は80%、1981年から1990年は95%になり、2008年には99.4%に達しています。洋式トイレに対して和式トイレ(和風トイレ)が新たに導入される確率は0.6%となっています。

【U型便座が登場した理由】
前座については、便座の意味合いからO型がどうも最初に登場していたようですが。男性が便座に座ると、便座の前部分に「男性のシンボル」が付いてしまい、不衛生な環境になっていました。それでO型便座の前部分を切ったU型便座が登場しました。公衆便所やデパートなど不特定多数の方が使う場所では、衛生上安心できるU型が用いられています。
家庭用においてはU型でなくても小まめに背一層ができるので、強度的に優れているO型の便座が使用されています。また便器自体も大型のエロンゲートが普及し、レギュラーに比べて大きくなっているので衛生上の不具合も起きにくくなっています。

【O型便座のメリット】
O型の便座は、日本工業規格(JIS)に便器に関する細かい規定が設けられており、「便座強度試験」もクリアしないといけないようになっています。O型便座は153kgの重さにも耐えることができるので、複数の人が便座に乗っても大丈夫なぐらい強固な造りになっています。
このように今まであまり注目していなかったO型、U型の便座もいろいろ調べてみるとおもしろいことが分かります。
トイレをリフォームする時、トイレを使用する時にO型便座の話を思い出してみてください。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

【高性能】トイレの床にはセラミックタイルがお勧めです

【快適】トイレリフォームのポイントと種類をご紹介

コメント

  1. 野口 より:

    便座の形が二種類あるの気になってました!女性にはどっちでもいいんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)