船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【バリアフリー】簡易水洗トイレからのリフォーム費用目安

トイレ
簡易水洗式のトイレは、できるならば一般的な水洗トイレに変更したいものですが、どうしても予算的に厳しいケースも多いと思います。
そんな時は、便器を最新の物に交換すると今までに比べると使いやすくなります。

【和式のデメリット洋式のメリット】
簡易水洗トイレの場合、和式スタイルの便器をよく見かけますが、和式便器は足腰に負担がかかりますし、冬場はお尻もよく冷えます。
それに比べて、洋式の便器は足腰にかかる負担は少なく、ホット便座やウォシュレットもあって快適に利用することができます。和式のトイレも排水管や床面の加工によって、洋式便器に取り換えることは可能となっています。

【簡易水洗トイレのリフォーム費用目安】
リフォームにかかる費用は、だいたい30万円~40万円程度が一般的です。
この時に忘れずに用意しておきたい物が「手すり」です。
高齢者でなくても、立ったりしゃがんだりする行為はアンバランスで、疲れている時等はよく転倒しそうになるものです。
手すりやトイレのバリアフリーなどは補助金が出る自治体もありますので、お住まいの地域がどのような状態か事前に調べておくことも重要になってきます。
工事が終わってからでは、必要な書類や写真も手に入らない場合があるので事前に準備しておく必要があります。
和式タイプ以外にも、洋式タイプの簡易水洗トイレもウォシュレットを装備することによって使いやすくなります。
便器を丸ごと変える方法もありますし、機種によってはウォシュレットを追加で設置できるケースもあります。ご本人にはウォシュレットが必要ないケースもあるかもしれませんが、来客時や家族が帰省した時にはこうした近代的な設備も必要になってくるでしょう。
トイレに限った話ではありませんが、ご高齢の方で将来どうせ老人ホームや病院に入るから家の設備にはお金を使いたくない、と考えている方も多くいらっしゃいます。
しかし、病院や老人ホームの状況はどうでしょうか。多くの老人ホームで入居待ちとなっており、軽度の障害では入居できなくなっているのが現状です。
元気なうちに生活しやすいようにリフォームすることも、必要になってくるかもしれませんね。

船橋リフォーム

コメント

  1. ふなもと より:

    バリアフリーと利便性の両立を考えるならトイレのリフォームはいいですね。安くできるならやりたいな。

  2. 竹野塚 より:

    トイレのリフォームもピンキリですね。安くあげられるなら安くあげたいな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)