船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【お庭】水栓リフォームのポイントをご紹介させていただきます

水栓
【散水栓のリフォーム】
お庭のガーデニングや駐車場の使い勝手を大きく左右するポイントの一つに「散水栓」があります。
最近の新築ではよく地面埋め込み式の散水栓が設けられています。
確かに使用しない時は、フタを閉めておけば建物の景観が損なわれませんし、スマートにみえます。
しかし、毎日のように散水栓を使うご家庭では、こうした埋め込み式の散水栓はあまり使い勝手がいいものとはいえません。
蛇口を開け閉めするたびにかがまないといけませんし、散水洗のボックス内にもごみや虫が溜まってきます。
散水栓の設置環境によっては、中にムカデなどが発生する場合もあります。
いちいち散水栓を開けるたびにびくびくしていては、疲れます。
そんな場合は、埋め込み式の散水栓ボックスを立水栓にリフォームすると格段に使い勝手がよくなります。

【立水栓の魅力】
散水栓に比べて立水栓は蛇口の位置が高く操作性も抜群によくなります。
また散水栓ボックスに比べると開放的で虫も発生しにくくなります。
そして排水設備も整えることで、手を洗ったり野菜を洗ったりする作業が格段に良くなります。
これらの事から、散水栓を立水栓に変更するリフォームは密かに人気があります。

【立水栓リフォームの費用目安】
取り換えにかかる工事の費用は、6万円から7万円程度が一般的です。
装飾に凝ったトレイや蛇口を設けると、お庭の景観はよくなりますがその分費用もかかってしまいます。
この事からこれからお庭や駐車場、玄関アプローチをリフォームしようと考えている方は立水栓を検討してみるといいかもしれません。
設置にあたっての注意点としては、人や車の通行に邪魔にならない様に設置場所を検討する必要があります。また水道配管が地中から露出しますので凍結対策をとっておく必要があります。立水栓には、水道配管にカバーが施されていますが、設置の環境によっては冬場に凍結する可能性もあります。風のあたり方などを配慮して、設置場所を検討する必要があります。
たかが水栓ですが、場所や形によって使い勝手も大きく変わってきますので検討してみてはいかがでしょうか。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

【ガーデニング】お洒落なお庭に欠かせないグランドコンクリートとは

【エコ】健康住宅で快適な日常を手に入れましょう

コメント

  1. たいし より:

    埋め込むかむき出しか悩んでいたのでとても参考になりました。

  2. よっしー より:

    埋め込み式だと毎回枯れ葉が貯まってるのは何ででしょうか?誰かいれてるのかな?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)