船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

窓ガラスに網が入っている意味と理由

ガラス
【ガラスに網が入っている理由】
住宅用の窓ガラスで、時々ガラスの中に網が入っているガラスを目にすると思います。
ガラス初心者の方は、網=防犯目的とイメージしがちですが、目的はことなります。
ガラスの中に網が入っているのは、火災発生時にガラスが割れて飛散しないようにする為です。
防犯の面では全く効果がなく、逆に空き巣にとってガラスが飛散しないというのは侵入がしやすかったりします。

【ガラスに網を入れるのは義務?】
ガラスに網を入れる基準は、個人の判断や好みではなくて、法律に基づいた基準で定められています。
特に建物一階のガラスは網入りガラスの基準に適用されるケースが多く、様々なガラスが網入りになってしまいます。
隣地境界または道路中心から3mの範囲、2階以上は5m以内は網入りガラスにしないといけません。
網入りガラスの場合は、通常のガラスに比べると見た目が悪くなってしまいます。
そこで最近はガラスの中に網がない「防火ガラス」や「耐火ガラス」が販売されています。

網入りに比べると高額になりますが、景観と性能が両立できるということで普及が進んでいます。
リフォームの場合では、建築確認を申請せずに窓交換を行うケースもよくあります。
その場合に本来は網入りガラスが必要なのに、網を入れていない通常のガラスが使われるというケースも珍しくありません。
この網入りガラスや防火ガラスは、あくまで火事の際に住んでいる人の身も守るために用いられている技術です。
横着に考えずに、いざという時の事を考えて真剣に考察する必要があります。
火事や怪我があった場合に、きちんと法律通りの施工がされていないと保険の対象にならないことも考えられますね。

2重窓を設置する場合も、通常は既存の窓の形態に沿って網入りのガラスになったり、網なしのガラスになります。
しかし、だいたいの場合はリビングなどのガラスに2重窓は設けられますので、網なしの場合がほとんどです。
ガラス自体の費用は、網が入っても入らなくてもそれほど大きくは変わりませんね。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

窓のリフォームをする際に気を付けたいこと

コメント

  1. 風間 より:

    ガラスの中に網はいってますけど、意味はわかっていませんでした。
    飛散防止ってことを覚えておきますよ。

  2. 天本 より:

    良く見たらうちのベランダのガラスもあみいりでした。家のなかも改めてて見てみるもんですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)