船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

お洒落な窓「ベイウインドー」の注意点とは

ベイウインドー
カントリー風の住宅に時々見られる設備に「ベイウインドー」があります。

【ベイウインドーとは】
外観は屋根付きの出窓、といったような感じです。
室内に優雅な印象を与え、西欧風の建物では必須アイテムかもしれません。
喫茶店やホテルなどでも時々見かけるスタイルです。

【ベイウインドーの欠点】
実は、この部分は水漏れが起きやすい部分になりますので注意が必要です。
外壁部分を加工して出窓を作って、ベイウインドーの屋根も外壁に取り付けています。
外壁との接合面積が広い分、雨水が触れる面積も広くなります。
その結果、雨漏り、水漏れが発生しやすくなってしまいます。
建築時にきちんと防水処理が施されていれば安心できますが、年数の経つ建物というのはわからないものです。
ちなみにベイウインドーから雨水が侵入してくると、被害は多大な物になります。
ベイウインドーは2階に取り付けられているケースも珍しくなく、雨水が侵入してくると建物内部を伝って、一階に水がいきます。
一階天井への被害、建物の構造体への被害など考えるだけで恐ろしくなります。
一階にベイウインドーがある場合でも、雨水の侵入による被害は大きいものです。
人間の健康診断同様に見たくない部分かもしれませんが、勇気をもって早めに、定期的に雨水が浸入していないかチェックする必要があります。

【ベイウインドーの点検サイクル】
建物の環境にもよりますが、5年から10年に一度はプロの目で点検してもらった方が安心です。
ベイウインドー単体でのチェックもいいかもしれませんが、外壁や屋根の工事を行う際は合わせてチェックしておきたい部分になります。
こうした複合的なリフォームになってくると、塗装屋さん、外壁屋さんといった専門職では対応できないケースがありますので、リフォーム店さんに相談する方が賢明だったりします。
チラシなどでは専門職のリフォームの方が安いような感じはしますが、他にもリフォームが必要かどうかは判断できないままにリフォームが進められます。
その結果、2度手間、3度手間になって合計で考えると案外高い物になってしまうケースも珍しくありません。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

雨どいのメンテナンスを忘れていませんか?

家の構造を理解して丈夫な家造りをしてみましょう

コメント

  1. 華村 より:

    屋根つき出窓にも名前があるんですね。
    どっかの喫茶店で見ましたよ。

  2. 桑田 より:

    ここのblogっていつも聞いたことのないことまで説明してくれているので勉強になります。
    毎日更新されるの楽しみにしていますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)