船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

窓のリフォームをする際に気を付けたいこと

窓ガラス
腰窓とは、窓の下端が人間の腰ぐらいの高さにあるものをいいます。
腰高窓とも呼ばれています。
掃き出し戸と違って、主にお部屋の換気や採光目的に設置されるケースが目立ちます。
そのため設置される方角としては、北向きや東向きが多いように思います。
掃き出し戸は、家と外を自由に行き来できますが、腰窓は出入りができません。
そのため庭の構成と窓の構成をよく考えて、窓の配置を検討する必要があります。
新築などでも、腰窓で十分と思っていたのが、以外に日当たりが良かったりして腰窓より、掃き出し戸にしておけばよかった、と公開されるケースもあるようです。
腰窓から掃き出し窓への変更は可能ですが、費用が余分にかかってしまいます。

【腰高窓の欠点】
腰窓のネックな点としては、外からの視線が気になることです。
対策としては、ガラスをくもりガラスなどにして、外から室内が見えないようにすることも一つのポイントです。
換気時に窓を開けるときは、カーテンがはだけて室内が丸見えになるケースもよくあります。
ブラインドやカーテンをしっかり固定して、外から見えないようにすると風の通りが悪くなって、窓本来の性能が低下してしまいます。
防犯用の柵や目隠しなど対策をして、腰窓を設置する方が好ましいといえます。

【腰高窓を採用するのであれば品質も重要です】
窓のサッシや窓ガラスのサイズが、掃き出し戸に比べると小さいので、安い断熱性能を無視したサッシとガラスでいいと考えられる方もいらっしゃいますが、掃き出し戸同様に性能の高い物の方が安心できます。
腰窓の断熱性能が低いと、冬場に結露を起こした時に、腰窓の周りが濡れてしまいます。
腰窓はほこりが目立ちやすく、カビなども発生しやすいので、窓のサッシやガラスもそれなりの物を選ぶ方が無難といえます。

中には、お部屋の採光や通気性の関係から新しく窓を設置することを考えている方もいらっしゃると思います。
後付けで窓を設置する場合は、建物の耐震性等も関係してきますので注意が必要です。
リフォーム店さんとよく相談して、設置を判断しましょう。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

断熱性を測る数値の見方

エコガラスの導入がこれからの時期大変おススメです!

コメント

  1. おおまえ より:

    結露対策か〜。うちも妻がうるさく言ってたのを思い出しました。いっちょリフォームしようかな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)