船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

【雑学】日本三大瓦のそれぞれの特徴をご紹介させていただきます

瓦
【日本3大瓦とは】
最近の若い世代は、瓦に馴染みがなく日本3大瓦をご存じない方もいらっしゃいます。
将来屋根のリフォームが必要となった時に、瓦の屋根について知っておくとリフォームを考える上でも幅が広がります。
日本3大瓦は「三州(愛知県西部)」「淡路(兵庫県淡路島)」「石州(島根県西部)」になります。
それぞれの瓦で特徴は違ってきます。三州瓦は、遮音性が高く、通気性も高く、雨や寒さ、台風に強い特徴があります。

【三州瓦の特徴】
三州瓦を生産する愛知県の西三河地方は全国でも最大規模の瓦生産地になります。
この地域の瓦は、焼成温度が高く、優れた耐火性を誇り、冷害に強い特徴があります。
発祥は1700年ごろといわれて、良質で豊富な粘土に恵まれ、交通の便も良かったことから三州瓦は全国に流通しています。

【淡路瓦の特徴】
淡路瓦の特徴は、火に強く、雨や寒さに強く、通気性は良好でキメの細かい美しい仕上がりが特徴的です。
瓦の中でも歴史は古い方で、1300年ごろから生産されていると言われています。淡路瓦の特徴として、「なめ土」と呼ばれる粘土瓦に適した土を用いており、粒子が細かく美しい仕上がりになっています。

【石州瓦の特徴】
石州瓦は、雨や寒さ、台風に強く、薄くて軽く、塩害に強い特徴があります。石州瓦が造り始められたのも淡路瓦と同じで、約1300年ごろから造られていると言われています。
石州瓦の特徴は、良質の白陶土(はくとうど)と来待石(きまちいし)から採れる釉薬(ゆうやく)を使う事で作りだされる柿色の瓦「赤瓦」になります。
この赤瓦は高温で焼成することで、耐候性に優れ、冷害に強い製品として、山陰地方をはじめ、全国に拡大していきました。
瓦の屋根は、イニシャルコストは他の屋根材に比べると高くありますが、20年30年の長期スパンでみると割安になります。
瓦のズレや割れ、剥がれなどの定期的な点検は必要となりますが、スレート系や金属系のような表面劣化は少なくあります。
そのため長期間きれいな状態で屋根を維持できる特徴があります。

船橋リフォーム情報ブログ関連記事:

【屋根のリフォーム】葺き替えかカバー工法か良く検討しましょう

コメント

  1. 羽川 より:

    瓦にもいろいろあるんですね。マニアならこだわりたいところですね。

  2. ガスタンク より:

    うちの実家にも瓦があるんですね。
    20年も住んでましたけど聞いたことないですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)