船橋市のリフォーム会社でおすすめな業者3つ

屋根をステンレスに葺き替えるメリットとデメリットは?

ステンレス製の屋根材

屋根の材質ににステンレスを使うことが良くあります。

ステンレスはとても身近な材質で、住宅の中では水回りに多く利用されていますね。この特徴はとにかくさびにくいこと。

耐候性が強く、経年劣化し難いので、屋根には良い材質だと言えます。

今回はこういった、屋根をステンレスに葺き替えるメリットについて詳しくご紹介致します。

>>船橋市内で屋根や戸建てリフォームが評判の会社のTOP3!

ステンレス製の屋根の特徴やメリット

神社仏閣でも、瓦屋根からこのステンレス製に葺き替えてるケースがよく見られます。

なぜかと言うと、社寺の屋根には大量の瓦が使われてるために、その総重量はとても重いのです。

構造建築物は柱で支えられていますが、屋根の重量が軽いほど、耐震性も耐久性も伸びます。

ですので、地震によって倒壊することを考え、重い屋根瓦をステンレス製の材質へ取り換えるケースが増えているのです。

味気なさそうに思えますが、実際に施工されたものを見ると、実は意外と分かりません。 形状も瓦と同じようにされているので、言われてみないと分からない場合がほとんどです。

もちろん、それ以外に一般住宅でもステンレス製の屋根、瓦形状の材料が良く使われています。

ステンレス製の屋根のデメリット

デメリットとしては、加工が難しいこと、費用がガルバリウム鋼板に比べると高いことが挙げられます。

少し前までは金属屋根と言えばトタンでしたよね。ですがトタンは腐食が一番問題でした。

ステンレスは耐食性は高いのですが、値段が高い。そこで今はガリバリウム鋼板を利用するところが増えているのです。

ただ、耐食性は抜群なので、潮風の当たるような住宅地ではいまだにステンレスが使われています。

>>船橋市内で評判になっているおすすめリフォーム会社TOP5!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)